M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ファレリー兄弟-キワドさと温かさの絶妙なバランス-
キングピン~ストライクへの道~ 愛しのローズマリー〈特別編〉 メリーに首ったけ

「キングピン」を観た。
この作品はそもそもファレリー兄弟によって96年に作られた。
しかし、数年間もの間お蔵入りとなっていたのだ。なんということ!
そして2005年、10年もの時を経てDVDでリリース。(ビデオの発売はあったらしいが、この目で見たことはない。)
それは観ないと!ということで借りてみました。
軽くマニアックらしく近所のレンタルショップでは扱っていないため宅配レンタルサービスを利用しました。

なんて面白いの!ハゲ頭に目が釘付け。
そのスタイルはやばい。存在だけで笑えてくる。
終盤のビル・マーレイの頭は必見ですよ。間違いなく大トリにとっておいたでしょ?といいたくなるほどの乱れよう。素晴らしい。
このこだわりようは満点に匹敵する。

素晴らしいのはスタイルばかりではない。ストーリーもなかなか。
さすがファレリー兄弟だな、と。笑わせてくれながらもほのぼのさせてくれる。
つっこみどころは満載なんだけど(例えば冒頭のウディ・ハレルソンはどうみても17歳には見えない、など。)まぁいいかーという気にさせてくれる。
ファレリーマジックにまんまとかかってしまうのだ。
個人的にはビル・マーレイが最後までいいやつにならないところが気に入った。

そして「キングピン」があまりにも良かったので(そこまで期待してなかった)「メリーに首ったけ」を観た。
実は世間が騒いでた頃は恥ずかしながらちゃんと観たことがなかった。
なんで?っていうと大した理由はないのだが、あえていうならバカバカしい映画、というイメージが強かったからだ。
今思えば別にバカバカしいだけの映画だってなんちゃ悪いとは思えないんだけど、当時のわたしは今より更に青くて意味もなくトゲトゲしてた。
まぁ、そんなことはどうでもいい。

「メリー~」よりも随分先に「愛しのローズマリー」を観た。衝撃が走った。
母が借りてきたので折角だしとりあえず観とくか~、てな状態で観はじめたんだけど、それはそれは衝撃的だった。
自分の視野の狭さにゲンナリしたね。
予想通りキワドイギャグは沢山あるし、これまた予想通りバカバカしさもたっぷりあるけれど、なんか感動的。あ、予想外だ。
このときからわたしの中でファレリー兄弟が要チェック監督に変わった。
そして「愛しのローズマリー」は大好きな作品になった。
こりゃあ「メリー~」も観ないといけない、と思った。

経緯はこんなとこ。
で、「メリー~」はというと・・・正直"並"だった。期待しすぎたのかも。
いや、並といっても悪くは全然ない。滑稽で面白いし、素敵だし、俳優達も完璧。
でも何度でも観ようとは思わない。愛着がわく作品というわけではなかったなぁ・・・。
笑いの頂点は冒頭でベン・スティラー演じる主人公が大事なトコをファスナーで挟むシーンだろうよ。
あとはリン・シェイによるメイキングね。

とまぁ、残念ながら「メリー~」はわたしの中で不発に終わったんですが、ファレリー兄弟のすごさは実感したよ。
完璧に彼らは独自の世界を持っている。
好みはあれどどの作品でもファレリー印はしっかりと付いている。
それって尊敬に値すると思うんだよね。

あ、新しい作品もそろそろリリースだね(・∀・)
今回はわたしの大好きな俳優さんドリュー・バリモアが主演とのことでかなーり楽しみです。

◆ 追記:キワドさNO.1は「ふたりの男とひとりの女」だと思う。


【参考サイト】
「愛しのローズマリー」公式サイト
「メリーに首ったけ」公式サイト
「ふたりの男とひとりの女」公式サイト
「2番目のキス」公式サイト - ファレリー兄弟最新作
TSUTAYA DISCAS - 宅配DVD/CDレンタル
スポンサーサイト


最低なコーディネイト
現在わたしの耳は最低である。
もうダサいとしかいいようがない。
どれも大好きなスタジオで開けていただいた大事なものなんだけど、理由あって現在のわたしのコーデはひどいもんです。

左耳のヘリックス×2、コンクオービタルに軽く肉芽が出来たので、リングよりもバーベルの方が負担少ないんじゃない?なんて思って、手持ちのバーバル(もしくはラブレッドスタッド)を一時的にぶっこんでいる。
しかも一時的とかいってもう2ヶ月近くこの状態(;´Д`)

ダサいコーデで忍んでいるだけあって、出来たのも軽めの肉芽だったヘリックス×2は今のところ落ち着いている。よかったよかった( ´ー`)フゥ
でもコンクオービタル上側ホールの腫れは治まる気配がまるでない。しぶとい・・・。
このまま続くようだったらどうしようか悩むところやなぁ・・・。

そしてボディピネタをもうひとつ。
ものすごく慎重に拡張してやっとこさ2G→0Gになったアウターコンクを結局2Gに戻した。
いつもこの繰り返しな気がする。
どうしても0Gにするとグズるんだよね。どうにもこうにもぽっこりした腫れが引かない。
この程度ならいいんじゃないの?て思える程度だともいえるけどやっぱり嫌だった。
0Gの方がサイズ的にとてもとても好みなんだけど、横から見て綺麗じゃないから2Gに戻すことにしたよ(´・ω・`)
もうそろそろ諦めるべきかもしれないねぇ。何度慎重にやっても0Gになった途端にうまくいかなくなるよ。


「マンダレイ」、そしてラース・フォン・トリアーについて
マンダレイ デラックス版の表紙
posted with ALM
出演:ブライス・ダラス・ハワード、ダニー・グローヴァー、ウィレム・デフォー
監督:ラース・フォン・トリアー
ジェネオン エンタテインメント (2006/10/25)

好きな人には申し訳ないがわたしはこの作品が、むしろこの監督が生み出す作品が好きではない。
不快以外のなにものでもない。

more...



「ロード・オブ・ザ・リング」について語る
ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション


今更観た。
大体3部作という形態がそもそも気に入らないので、世間で騒がれていたときは一切観てない。
ブームに乗るのもめんどくさかったので(我ながら青い)、あえて目を背けていたというのが正しい。
そんなわたしが何故今更重い腰を上げてこの大作を観るに至ったかというと、彼氏が熱心に勧めてくるからだ。
スプラッタやらホラーなどのB級映画やウエスタンやらを好む彼だけど、センスそのものは信用しているので勧められるままとりあえず観た。
(共通言語が増えると嬉しいなぁ、なんて邪道な動機もあったりする。)
タイミングもよかった。
ちょうど「エイリアン」シリーズを片っ端から観るという続編地獄にハマっていたので、この機会に「ロード~」も観てしまうことにした。
3部作を一気に観た。
やっぱ続編は一気に観た方が面白いよね。時間に余裕があるならそれが一番楽しいと思う。

すみませんでした、と観終わってからいいたくなった。
この世界を知らずして映画を語っていたかと思うと恥ずかしい。
食べず嫌いはいけませんな。
詳しく内容について語っても数ある感想と大して変わらないと思うのでやめておきますが、これだけはいわしてくれ。
デザインが素晴らしすぎる!完璧なまでのデザインに感動。凝りように感激。
限りなくミニチュアやスーツを使いCGの使用をなるたけ抑えている点が、アナログ派のわたしにはとても好感が持てた。
ピーター・ジャクソン監督のオタクぶりに心の中で軽く小躍りしたよ。
AVPのメイキングでも言っていたけど「現在の優秀な芸術家は映画界に集まる」というのは本当だと思うね。

「ロード~」に出てくる生き物達は美しい者もたくさんいるが、異形な姿をしたグロテスクな面々も揃っている。
子供なんかだと軽くトラウマになるんじゃないの?てくらいグロイ生き物達がザクザク出てくる。
グロ指数はかなり高いと思う。さすがホラー出身の監督だ。
あぁ、楽しい(*´Д`) 
よくよく考えるとファンタジーだもの、グロテスクな生き物が出てくるのが当然なのではないか。
美しい者たちはとても美しいのに、対になるべき醜い者たちの形相が思いっきり気持ち悪くないなんておかしいよね。
程度は同じくらいじゃないと嘘だ。
それを思うと「ロード~」は正しい。

特典は本当に楽しめた。やはりデザインコンテンツが一番面白かった。
男の子は剣や鎧の製作過程なんかが興味深いのかな?
わたしは半端ないくらいマスク(+特殊メイク)とスーツの製作過程が面白かった。
ちなみにオークの造形が一番好き。一人一人個性的でかっこいい。

とにかく、デザインのクオリティがとても高い作品でした。
ここまでリアリティある作品に仕上げられたのはデザインの力が大きいだろうよ。
デザインの質が低いと映画自体しょぼくみえるもんね。
デザインの力ってすごい(・∀・)


【参考サイト】
「ロード・オブ・ザ・リング」公式サイト


+  OLD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。