M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



終了 +水族館ネタ
INFOCUS AWARD 2008 終了しました。
ご来場いただいた方、さらにお買い上げまでしていただいた方、ありがとうございました。
手元に早く届かないと夏終わっちゃうよね。みんなごめんなさい。



以下余談。
病院行ってきた。そのために九州行くのももう何度目かねぇ。
慣れるわ。
今回はなんとなくうみたまご行ってみた。トドがよかった。
平日なのもあって全然人いなくて楽だった。
時間あればもっとボケーっとしたかったです。

水族館はほんと大好きなんだよね。
小さい頃からよく行ってて、飽きもせずに宮島水族館に行きまくったわ。
あとちゅらうみ水族館にも昔行ったなぁ。
シャチが好きで、奴を見れたのが嬉しかった。
イルカのショーには興味ないや。
海遊館も行ったなー。
当時はおっきいジンベエザメがいたような気がする。

もっといろいろ行きたいけど、わたしやっぱり宮島水族館好き。
ペンギンが散歩してるんだよ。リードされてw
何気に充実してたと思う。安いのに。
あそこのアロワナをずーっと見てた。
水槽もでかくて、アロワナ自体もでかくて、吸い込まれそうで大好きだった。
それに、もういないかもしれないけど、上からのぞくような水槽に海がめがいてね、
そこの前には「手を絶対に出さないでください!!噛み付きます」て張り紙があるの(笑)。
確かによく動くし、人相は悪いし、どんだけ獰猛なんだよ、て。

あとこれはあんまりみんな信用してくれないけど、
スナメリをね、小さい頃触ったことがあるんだ。
弟と母親と水族館の前を歩いてたらおじさんに呼ばれてさ
ん?て思ったら
仮のプールみたいなところに連れてってくれたの。
テントみたいなの張ったところにね小さいスナメリが2匹いてねー。
なにかと思ったよ。だっておじさん家族と大分はなれて前を歩いてたわたしに声かけてきたんだもんw
スナメリはね~思ったより大きくてけっこう怖かった。
プールに落ちるかと思ったし(笑)。
でもすごく人懐っこくて、寄ってきてはなんかキュンキュン鳴いてた気がするな。
エサやらせてくれて、触らしてもらった。
あの感触は当時衝撃だったから今も覚えてる。
なんかキュッキュってしてるの!ビニールみたい。感激したんだよね。なんこれ?!て。
歯は怖いかんじだったんだけど、優しいから手をつっこんでも大丈夫なんだよ、て言われて
半分無理矢理口の中に手をいれさせられたのも覚えてる。
ビビった。

宮島水族館改装するんだってねー。改装したら久々に行こうかな。

てゆーか今知ったんだけど「シロイルカ」と「スナメリ」て違うんやね!
まじか。ずっと一緒やと思ってたわ。

WEB水族館|全国の水族館ガイド105館
とりあえず名古屋港水族館行きたい!!シャチー。
鴨川シーワールドは遠いよ・・・
海獣好きです。でもアシカとかラッコあんま興味ない。
あと新江ノ島水族館ね。クラゲ好きなんだよねー。ウミウシとかねー。
あ~、なんで地元には水族館ないんだろ・・・はぁ・・・川魚の水族館は嫌やて。
いっそクジラ見に行きたいなぁ。でかいのがいっぱい見たいんだよ。
あ~確実に船酔いするなー。しかもわたし海苦手なんだよなー。
スポンサーサイト


んー
やりたいことが多すぎて、
金も体力も時間もついていけてない。
あと想像力も。

あれもこれも全部やりたい。
おもしろいことしたいんだ。

悩んだりもするけどさ、大体寝たらなおる。
次の日にはもちこさないよ。
浸ることなく、行動したい。

パチパチはじけるみたいにカラフルに。ポップに。



めっちゃ期待して「28週後...」みたんだけど期待でかすぎたな。
だめだったわ。並。
やっぱり映像がね・・・なんやかんやと詰め込みすぎだしね・・・
気が向いたらまた感想書きます。


本と映画 「モーツァルトとクジラ」
モーツァルトとクジラ
モーツァルトとクジラジェリーとメアリーは、それぞれ数学と芸術の天才的な才能をも
ちながら、アスペルガー症候群のため周囲になじめず、職を転々とする日々を送っていた。
このまま自分の居場所を見つけられずに、人生が終わってしまうのかとあきらめていたころ、ふたりは偶然出会う。

人を愛することによって、ありのままの自分を解き放つ道のりを描いた鮮烈なノンフィクション。


映画のほうを先にみて原作を読みました。
とりあえず原作の感想から。
おもしろい!
スラスラと入り込んでくるような文章。心地いい。
流れ者のようなメアリーを見ていて、人はどうとでもなれるんだと思った。
こう考えればいいんだな、て勉強になるとこもあったりしてね。
謙虚に、そして真剣に生きてたらなんとかなるんだな、多分。
それが大事なんだな、多分。
アスペルガー同士の恋愛、結婚がテーマでもあるようですが、
あんまりそのへんは気にしないでわたしは読んだかな。
ちょっと不器用だけどどびきり個性的で魅力的な人たちの話、て感じで。
かーなりラブストーリーなんですが、押し付けがましくもなくほっこりした気分になれました。

モーツァルトとクジラ
モーツァルトとクジラ映画のほうはというと、まぁ並、て感じで。
ジョシュの演技には「おぉ」と思ったけど、なんせやっぱ密度がねー。
サラっとしすぎてる。
大体年齢も違うからな~。
印象に残ったシーンがほとんどない・・・もう大半忘れてしまったよ。


んー
本日カラオケ明け。

わたしいつも思うんやけど、
もっと知りたいんよね、いろんなこと。

映画とか観てて、わたしは知識がなくて
深い読み方とか出来なくて
あ~、勉強しとけばよかったって。
歴史を知ったら映画がもっと楽しめると思うのよ。
本も、絵もかな。
やからめっちゃいろんなこと知りたい。

楽しむためには知識というかそれなりの教養がいるんやって。
10代の頃のわたしに言ってあげたいね。
動くのも結構、暴れるのも結構、でも溜めることもしとけって(笑)。

まー、なに言うてもしょうがないわけやし、
今から何をするか、どう時間を使うか、が大事やんな。

ちょっと話変わるけど、
どうも動いてる自分が好きだから、出来もせんことを望んでは出来る人みて凹む。
なんか容易くやってるようにみえるんだよね。
人間内側なんてわからんのにね。
わたしは他人から評価が欲しい人。
他人から評価されないと「がんばってるんだ」て実感できない人。
わたしはがんばれてない気がするから。
わたしのがんばってるってのはきっと全然甘いと思うから。
なんで主軸を他人に置くのかはわからん。これは癖なんやろな。

わたしはいつも「もっと」欲しいんだよね。
もっとこうなりたい。
もっとこうしたい。
もっと、もっと、もっと・・・・・・


+  OLD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。