M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



一緒に描いたーよ@yutaさん×おいら
穴があいているよ(一部)スペルきっと違うよ(一部)sasaki yuta × くつな まい
http://kyonta361.blog129.fc2.com/

12月1日のお話。
深夜から「バスキア」を観ながら管をまきまき、鍋をつつきました。
数日香辛料強めなもんばっか食べてたから寄せ鍋のやわらかさが身にしみました。はい。ありがとございまーす。

上海のお話やらお絵かきのお話やら、そして音楽やら映画やらのお話から世間話、そして素敵なサプライズトークありーの、まったりしつつ、超絶なる深夜から(あれはもはや朝ではないか)
一緒に絵を描きました。
前は、別の紙に同時に描いたんだけど、今回は正真正銘の共作。合作。おー。

コラボって、ぶっ潰してつくっていくことだと個人的には思っているんだけど、もうさ、相当ガンガンに潰してくるね!
遠慮とかするべきじゃないけどさ、大概お互い遠慮とかして結局混ざり合わないまま「あ、一緒に描いたんだね~、あの人とあの人が~」みたいになるのが多い気がするから、このぶつかりよう・混ざりようには感激した。
前にとあるプロジェクトで、わたしがペイントしたスケートボードをナオキくんがぶった切ったときと同じくらい衝撃的で好戦的だったね、うん。
一部一部一部
ちなみに王冠かぶせたのは多分おいらなんだけど、クリスマスツリーのようにもみえるようにしたのはyutaさんである。
涙流させたがるのはおいらだけど、涙であろう部分を猫のようにしたのはyutaさんである。
目の横に即、顔があるっていうね、ちょっと怖いかんじね。
なんか、だまし絵のような絵です。
(ところで、バスキアを観たあとに描いたからかね、どこはかとなくそんなにおいを感じるのはおいらだけだろうかね。)
それにしても、わたしと違って大胆に絵を描く人なので描くペースが早い早い。
のびのびと描いている隣で、負けずにがっつり描いていたつもりなんだけど、いかんせんおいらペース遅い。
特に終盤気持ち悪いくらいちまちました作業をしていたおいらを、半ば飽きれたような目でビール片手に見ていたyutaさんが印象的でした。えぇ。
ゆーたさんのサインおいらのサイン
ぼくらのヘロヘロサイン。ダブルネームじゃーん!なんちてね。
もはや一体化しすぎていてわかりません。
完成!左が完成図!
2人して自画自賛。ニヤニヤ。
結局何時間やっていたんだろうねぇ。面白すぎて時間なんてわかんなくなっちゃたよ。
(でも疲労と眠気がかなりキテいたのでかなり長時間だったとは思われる。)
2人とも散らかして汚れながら描くので、部屋も本人達も見事に汚くなりました。
もちろん、ばっちり作業着を着ているおいらたち。超汚れているけどピースです。
記念写真!
All photo by yuta-san
スポンサーサイト
ART | 2010/12/08 | コメント(6)


上海-豫園近辺と上海駅近辺とか、そして帰路に着く
豫園と上海老街でまったり、んでガッツリ遊んできました。
豫園
豫園=えらい役人さんが家族のために送った相当おおきな庭園です。
なんかアヘン戦争で一部崩れたりもしたんだって。んでその後学校とかにも使われたりして、とにかくまぁおもしろいですよ。
豫園豫園豫園
豫園豫園豫園
豫園豫園豫園
豫園豫園豫園
ほんと情緒あるようなところがたくさん。
いちいち細かいというか、でかいものがたくさんあるのに、その細部のこだわりはすごくって、ここでもまた格子ばかりみていたおいらです。
格子もね、西塘のとは違ってキラキラ光ってたりするのよ。瑠璃色とかで。お金あったんだなってかんじです。
椅子が有名なのよ!部屋の中をちゃんと見ないと!ていわれたので中もちゃんと見た。
西洋と東洋が妙に入り混じって、もはやよくわからない。おしゃれです。

豫園豫園豫園豫園記念写メ
豫園の猫豫園-おいらうつってる豫園記念写メ
あ、なんか龍も有名で、嬉しくなって真ん中でバカ写真を撮るわたし。
ぐるーんぐるーんと延々と張りめぐっているのだよ。
ここもまた猫だらけ。ちゃんとエサをもらっているのだー。
庭園に入るには大人30元です(1元=約14円)。
めちゃくちゃ有名な観光スポットなのでいろんな国の人がたくさん。
いろんな国の旗をもったツアーの人たちをたくさんみた。
万博のときは4倍の人が来ていたらしく、毎日すごい混みようだったそうですよ。

商店街商店街商店街
記念写メ
このへんの写真は豫園商場なのか上海老街なのかはもはやわからないのですが、こんなかんじで、お店がいっぱいあります。100とか。
客引き激しいよ。観光名所だから日本語で話しかけられたりするよ。
「なにそれ、すっげー」ってピアスの穴に箸を通されたりした。
豫園のにぎわっているあたりを一歩離れると日本でいう100円ショップだとかそんなのもたくさんあって、
毛糸やさんだとか地元の人が買いにくるようなお店がたくさん。
おっきいデパートもありました。
相も変わらず楽しみすぎてお茶を飲む時間がなかった!
どういうことよ!
んで、このあとはM50でオープニングに。
その後打ち上げでたらふく食べさせていただいたので、豫園でお茶を飲めなかったことはよしとしよう。うむ。

ちなみに今回上海へは母と行ってたんですが、打ち上げからホテルに帰ったら母はいませんでした。
確かにちょこちょこ別行動をしてはいるんですが、10時を回っても帰ってこず、なにをしているのだろうか、と思ってメールしてみたら「今ねー、浦東いるー。東方明珠電視塔ー。白タクに誘われたー」とかいう返答が。
そうか・・・。
「うろうろしてたらタクシー乗り場発見したから大丈夫~。カップルがいちゃいちゃしてるよー」
そうか・・・。
わたしが寝ている間に1人でいろんなところに行っているし、わたしがM50いる間もどこかに行っているし、なんだか誰よりも観光しているのはあの人だと思った。予習も完璧で、さすがだなーと思いました。
んで、歴史知ってる人は強いなーと思う。多分なんもしらんより全然楽しめると思うんだよね。
だから世界史とか世界情勢とかは知ってたほうがいいんだよなー、て映画見るときと同じような感想をもちました。
旅もそうやなー。



これはね、多分上海駅近辺だと思う。こんな感じでバンバン原付走ってるー。
ビルでかい。高い。
そして上海駅はものすごいでかい。びっくりするようなでかい電光掲示板があって、ナビが流れていました。
これから飛行機乗るの?てな具合だなーと思った。
バブルのときの東京駅と似てるよ、ていわれているんだけど、そうなの?
陸橋がながーいこと続いているので初日に一通り全部通ってみました。
あ、少し大通り外れるとゴミゴミしていて、それはそれで楽しいです。

P1010870s-mati-s.jpg
街街街
ここまでは23日のお話。

24日に帰ったんですが、24日はちゃんとM50内を4時間ぐらいかけてまわり、やまほど画廊やアトリエをのぞいてきました。
それでも全然時間足りなかったけどね!
その話はまた今度。
本当は入り口のところの本屋に行きたかったんだけどね、時間足りず行けず。
迎えに来た母がそこで珈琲かなんかを飲みつつ楽しんでいた。
「アートの本ばっかでつまんないからねー、でも映画本買ったー」て。

帰りはアテンドさんをつけたので、上海の事情を教えてもらう。
家賃とか給料とか生活の仕方とかそういうの。
で、「昨日、北朝鮮が韓国砲撃」の話をきいて新聞見て、うわーて思った。
(中国って微妙な立場にあるからどうなんやろーて思っていたけど、ガンガンに報道されていたよ。)
んで、兼ねてよりの希望だった(←母の)リニアモーターカーに無事に乗り、おそろしい速さで空港に着いた。
あ、上海って改札とおるとき荷物チェックの機械があるんだよね、けっこうびっくりした。
それは地下鉄にもバスのるときにもあるよ。

空港では久しぶりに探知機がなって、服とかをめくられる(笑)。
結局ポケットから出してないものがあっただけだったんですが、ジーンズからパンツのリボンがはみ出ているのをがっつり目撃され、確認されました。
なにをしているのだろうか、おいらは。

上海の夜景を飛行機から一望!たまたま便が夜便だった故です。
これね、夜景なんて興味ないねーとかいってられないよ。すっごいの!もうね映画だね、もうねSFなんだって!宇宙や。
興奮しまくって、だが、寝ていた。
ごはんでたよー、食べなよーて、再三言われて、機内食を食べるために起きたら、何気においしくて、わさびの素晴らしさに感激してしまったね。
翌日広島駅で早速生魚たべたね。広島!てことで小イワシの刺身を。しあわせですねぇ。


+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。