M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



溢れたから切っただけ。イタイ散文をずるずると。
いきている。当たり前に。

正気と狂気のラインはどこよ。
いつだって狂わないのはしっている。
あるのは狂いそうな、壊れてしまうような、きれるのではないかという予感だけだね。
そしてわたしはそれがとても怖いし、嫌だし、バカみたいにふりまわされている。
頭悪いな、何を今更。

しっかりと押された烙印は消えていないだろう。
あなたの体でわかるだろう。
隠しても隠しても己はしっているだろう。
ちゃんとみろよ。
汚い、汚い。汚い、汚い。

わたしはいつだって見世物だろうよ。

わたしは望んでこうなったということ。
あなたが苦しかったりするのは当然だということ。
他の人はしらない。
だけどわたしは選択してきたんだから。
わたしはわたしの首をずっと自分でしめてきたのだから、そう、たまにそれは現金で。
誰も環境も悪くないん。

きちんと代償を払いましょう。はい。
まだまだ足りないようです。はい。

逃げたいね。本当に逃げたいね。
だけど、どこへ行ったってわたしはわたしからは逃れられないね。
しっているよ。
たまにわたしはわたしからいなくなるけど、それすらもわたしであることには変わりはないのだから。

手放す?
そういつもいつも思いながらも、しぬことは許さない。
甘いだろ。
汚いことを自覚し、ゴミであることを自覚し、そして情けなくて悲しくなりながらもボロボロでも生きろ、ということ。
そしてきっとまだボロボロじゃない。

おまえがしてきたことの記憶は消えない。
忘れさせてなどやらない。

悲劇のヒロインやんのはやめろ。
キショく悪いね。ズルいよ。
だけどたまにはやらせてや。
んで、たまにはそれで抱き締めてや。
ふふふ、あぁバカみたいだなぁ。
スポンサーサイト


具体的ではない近況的な気分的なもの/長い
せーさく中
やぁ。わたしです。
気がついたら大阪府民になっていました。

遊んでは遊んでは遊んではの繰り返しです。
すごい勢いで時が過ぎる。いいんだが悪いんだか。
空っぽであることを自覚する・過ぎない時はとても苦しいことを知っている。
暇は人を殺すね。そういうときは「眠りたい眠りたい」。

遊びまくれば遊びまくるほど時は早く進み、だけど今日もまた賞味期限が迫っているという頭の端っこのほうにある恐怖がちらっと顔を覗かせる。
あ、期限もう切れてるっけ。いやいやいや。

孤独に耐えないわたしは今日も孤独に耐えずに、数少ない友達や知人を引っ張り込んで、
孤独に耐えないわたしはPCもTVも音楽を聴く環境もないまま、携帯電話と戯れる。
いつかあの人たちのように一人であることをあるがままに受け入れ、いつか淋しいという感覚すら麻痺して、肌さえ恋しくなくなり性欲も枯れて、稼ぎ、消費し、稼ぎ、消費し、そうやって生きれるのだろうか。

そ れ に し て も す き な こ た ち と い る の は う れ し い 。

3年していたバイトをやめた。
わたしは今どこにも属していないのです。
自炊やら家事やらを普通にしているので生活はしているのだけれど、そこにはやっぱり労働がいると思う。
生活から制作は生まれるはずなのに、わたしは今自分がもっとも敬遠していた生活をしている。
絵だけ描いている。

前のバイトは円満退職。
どうしてもなんてことないといわれるであろう誰でもできるような捨て駒のような、だけど必要である仕事がしたかった。
絵描きにありがちなクリエイティブなバイトではなくて、生活に密着したバイトがしたかった。
わたしにはもちろん職業的スキルも学歴もなんもないので、否応なくそういうことになるともいえるわけですが、わたしはそこから見える普通の社会がとてもとても好きで、毎日旅をしているような気分になっていたよ。
人の顔を平気で万札で叩くような世界があって、まぁそこまでいかずしてもそれなりに欲めいたものをいっぱい見たから、こんな風体でこんな性格で人畜無害のような顔をしてやわらかく仕事をする自分がおもしろくて、そこに属せる自分が面白くて仕方なかった。
変化球飛びまくりで気持ちよいほどのストレスフルで不眠加速。勤務中膀胱炎多発。先輩になってしまうと出てくる責任とかいうやつにブンブンふりまわされ、発作。クレームは日常。
だけど、皆にすごく愛されていたと思うのです。
そしていつの間にかそこに普通に居場所があること、あったんだということを最近しみじみと思います。
でもなんだか飽きちゃったんだね、きっと。
バイトが、というよりもその生活リズムそのものが。
なんだかつまらなくなって、なんだかもうそろそろ変化が欲しかったんです。
だから、わたしは唐突に大阪に飛び出してみたのです。
正直どこでもよかったんだけれど、今までふらふらとしてきて一番怖い国だな~と思ったので大阪にしてみたのです。

人生うまくいってる、て人がいて、それはうちの親なんかもそうなんだろうけれど、わたしにはわからないわ。
貯金するときに貯金しなくて、no ふゅーちゃー やりまくっていたら、そらそうだ。
先が見えないんじゃないんよ、多分見ようとしたことがないんだよね。
そこには言い訳になり得そうなことも昔はまぁないことはないんだけれど、見なかったわたしが悪い。
そして、わたしの不調に外因要素なんてない。

まぁ、ネタなんてあればあるほどいいんじゃん。
見切り発車、行き当たりばったり、そしてくたばったり。ね。
でも起き上がる。
んでもって、わたしはわたしの気持ち悪い歴史を持って、絵を描くよ。
人生は旅でしょ。30になったときどんな絵を描いてんのかなーて思うのね。
50になったときはどんなになってんの?80になったら?
しぬ予定は全然ない。わたしは長生きして、あーもうやりつくしたわーって笑ってしぬ予定ね。

さぁさぁ、恐怖と強迫から怠惰に変化。少しだけの活気。
そろそろ厳しくなってきたので生活を考えねばならんなーとぼんやり思う今日この頃です。
だって生活して、絵描いて、展示して、生活して、絵描いて、展示して、生活しなきゃ、だもん。


あけてます
もう2011年も大分経ちますが、あけましておめでとうございます。
今年もお世話になります。
今年の目標とかまだ立ててないんだよね。どうしよっか。
2011.jpg

more...



+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。