M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



内臓幻想+「ふたりの男とひとりの女」
そうそう、「内臓幻想」買ったんですよ。(アマゾンにないのでリンクがはれない・・・。)
なんてマニアック!知らん映画がたくさん。
わたしはスプラッタは詳しくないので、B級映画好きの彼氏の方が身近に感じられるであろう本です。
が、クローネンバーグが載っていたのは嬉しかったなぁ(*´∀`*)
ビデオドローム」が再び観たくなった。
ラビッド」と「シーバース」はもっと観たいぞ。(レンタルショップにないので未見。即買いするべきか悩んで早数年。)

そんでやっぱりこの人の書く文は面白いね。まえがきとかも大好きです。
次は「びっくり王国大作戦」3部作あたりを狙おうかな。いや、いっそ映画から離れて「ローリング・ロンドン」とかでもいいかもしれん。

なんか大した感想が書けてなくて申し訳ない。



ふたりの男とひとりの女〈特別編〉の表紙
posted with ALM
出演:ジム・キャリー、レニー・ゼルウィガー、クリス・クーパー
監督:ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/04/28)

◆ ストーリー
将来有望な警官チャーリー(ジム・キャリー)は頭が良くて美人の奥さんをもらって幸せいっぱいだった。
しかし後に彼女から生まれた三つ子は明らかに黒人。
ある日奥さんは子供を残して男と出て行ってしまう。
子供たちがすくすくと育つ中、チャーリーはしだいに街の笑いものになっていた。
住人達の自分への扱いに耐えかねたチャーリーは精神が分裂。二重人格となってしまった。そんな彼が指名手配されていたアイリーン(レニー・ゼルウィガー)をニューヨークまで護送する任務を受ける。
簡単なはずの任務だったが、彼女はある陰謀に絡んでいたのだ。

はい。長くいうとこんな感じ?

◆ 感想とか
ファレリー兄弟のおバカ映画。際どいギャクにはやっぱり笑ってしまうね。
障害者ネタに下ネタ、こんなスレスレのギャクを連発しても根底は温かい愛で包まれていて不快では全くない(と思う)。
わたしが特に笑ったのはアイリーンとの初エッチ後の朝のシーン。
ハンク(チャーリーのもう1つの人格)に騙されてエッチしたアイリーンを責めるチャーリー。
ベッドにはでっかいおもちゃまで置いてある。
更に責めるチャーリーにアイリーンが一言。「わたしは使ってない・・・」。
やばいね。大爆笑だね。下品きわまりないんですが笑うぞ、やっぱ。
洗面台でおしりを洗うとこもいいね。吹き替えがまた笑っちゃうよ。「整えてる」。何をだよ?(笑)

あと息子たち+チャーリーの画はほほえましい。
チャーリーの笑顔は若干張り付いているように見えるけどやっぱり幸せそうで、でもおかしくていいね。

ジムの演技は見事でした。2人の男をばっちり演じ分けてる。
レニーも相変わらずキュート。ぶーたれた顔が魅力的。

しかし!
わたしはやっぱりジム・キャリーが苦手だった(;´Д`)
克服できるかと思ったんだけど無理。
これぞジム!ていうハンクを演じているときの演技が苦手。
その分チャーリーを演じているときの張り付いたような困ったような顔はとても好きですが。
今日は「マジェスティック」を借りようと思ってます。
苦手を克服できるといいなぁ・・・。

あと、もう少しストーリーが深いとよかったかな。
ついでって感じがしてね。(とはいえ笑わせるのがメインなわけだから別にいいといえばいいんだが。)


総合的に見て、ジムが苦手とかあるとはいえこの映画は面白かったよ(・∀・)
ファレリー兄弟はおかしくってハートフルでやっぱり好きです。
星は3つかな。(4段階評価)
スポンサーサイト





僕、この映画好きです。
くだらなくてたまらないですよね!
レニーは僕の一番好きな女優さんなんで、
余計に好きになりましたよ~!

taba-yang | URL | 2006/10/29 00:52 [編集]


お、taba-yangさんこんばんは(・∀・)
この映画はツボにハマりますね。どうしても笑ってしまうという・・・。
レニーお好きなんですか?( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ
わたしも大好きです。
やれ「おばさん」だの「ぶりっこ」だのいわれてますが、そんなのは関係ない!
わたしもtaba-yangさん同様レニーが出ていることによりこの映画の点数あがっちゃいました(笑)。
Mai | URL | 2006/10/29 18:47 [編集]




管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。