M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



拾いもんやん「クライシス・オブ・アメリカ」
自分の誕生日を自分のブログで触れるべきか悩んだけれど、一応触れてみよう。
お祝いの言葉をくれた方、ありがとう(*´∀`*)
身近なところでは祝ってくれた彼氏と家族にありがとう(*´∀`*)
一番好きなとこのケーキを買ってくれてありがとう(*´∀`*)



クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディションの表紙
posted with ALM
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006/09/08)
なんの予備知識もないまま観たのが正解だった。
いい人たちは妙に胡散臭く見えるし、劇中に漂う空気はどこか恐ろしく何かを含んでいる。
二転も三転もする展開にしっかり翻弄されてしまった。
登場人物がほとんどクロに見えて仕方がなかったね。(特にジョン・ヴォイド!その顔で善人って詐欺やろ。)
たまにはこういうのもいいね。
ほっといてもきちんと展開してくれる映画は素直に楽しい。

尺は130分。わりと長い。
映画は100分以内!てなわたしだけど、練りに練られた脚本のせいか大して長く感じなかった。
途中若干ダレるとはいえ緊張感は保っていた。すごいことよね。

映像も素晴らしく、グイグイ引っ張る役者たちの演技もよかった。
メリル・ストリープの瞳の中にうつる狂気も怖かったが、とりわけわたしはリーヴ・シュレイヴァーを評価したい。
気持ち悪い表情も最高だし、なによりもレイモンド・ショーという人物をただのマザコンではなく奥行きのある人間に仕上げていた。
故に終盤彼が流す涙と勇気ある行動に心動かされてしまった。ハメられたなぁ( ´ー`)フゥ
そんでもって(キーマンだろうと勝手に予想していた)ジェフリー・ライトもいい。
出演時間は短いが強烈な印象を残して去っていった。
白熱する演技合戦もこの映画の魅力かもしれない。

予備知識もなにもないまま、振りまわされながら観ることをおすすめします。
あ、確かに邦題はひどいと思うよ。安直すぎ(´∀`)


◆ ストーリー
湾岸戦争から生還したマルコ(デンゼル・ワシントン)は、毎日悪夢に悩まされている。
いつものように部隊を助けた英雄レイモンド・ショー(リーヴ・シュレイヴァー)について講演会で話している際、かつての戦友(ジェフリー・ライト)と再会する。
「クウェートの夢を見るか?」
彼の言葉から自分が見ている悪夢がただの夢ではなく現実ではないかと疑い始める。
英雄ショーは副大統領選に挑んでいる真っ最中だ。
ショーを英雄にさせるため自分たちの記憶を誰かがいじり、操っているのではないか?
マルコは妄想に取り付かれていると嫌疑をかけられながらもたった一人で真実を探っていく。

【参考サイト】
「クライシス・オブ・アメリカ」公式サイト
スポンサーサイト





うわぁぁぁん。
出遅れたけど、Maiちゃんお誕生日おめでとうっ☆
誕生日にこの世に生まれてこなかったら
こうして出会うコトも無かったワケだから
誕生日は大事な日だと思います(*´Д`*)
あけみ | URL | 2006/12/18 15:09 [編集]


ありがとうございます、あけみさんヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
相変わらず素敵なお言葉♪
いや~、それにしてもあけみさんとはウェブがなかったらきっと出逢えてなかったでしょうな。
煩わしく思うことが多いネットにも感謝しなければ!

すべての行動がノロイわたしですが、今後もよろしくお願いします。
Mai | URL | 2006/12/19 21:29 [編集]




管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。