M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



雑記のつもりが結局映画の話かいな
明日はデートだし、切り替えなければ。
というか今日だってDVD借りにいくんじゃん。それだけで十分楽しいじゃん。
できたら古本屋に寄りたいな。
この映画がすごい!」を買わなきゃ。

最近図書館に行きたい。
でも小心なというかヒッキーなおいらは一人ではいけない。
一度彼氏と行ってみようかな。
ずいぶん長い間図書館とか行ってないなぁ。
調べ物がしたいんです。
映画関連書籍と犯罪関連書籍を読みたいのだ。
前者は大真面目に、後者では瞑想に耽るんです。



最近観ている映画はなんかヒューマンなわけよ。
「フライド・グリーン・トマト」と「フィラデルフィア」と「シンデレラマン」とか。
この羅列はすごいだろ。
なんともいえない「おわらない物語~アビバの場合~」や「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」なんかも観てるんだけどね。
話戻して、最初に挙げた3作はどれもよかったよ。

フライド・グリーン・トマト特に「フライド・グリーン・トマト」。
この映画はキャシー・ベイツが支えてる。
しかもあのキャシー・ベイツがとてもとても魅力的なのだ!
映画の中の人物、というよりも身近に居る知ってる人を見ているよう。
多分わたしが10代やそこらのころに観ても感動はできなかったと思う。
もしかしたら今のわたしの状況(精神的)も一役かっているかもね。
何度も何度も観たくなるというのではなく、思い出したときにふと観たくなる、そんな感じの映画だろうな。

フィラデルフィア デラックス・コレクターズ・エディション「フィラデルフィア」では時代をみた。
映画自体の出来はどうも地味な気がするが、それは問題じゃないだろ。
役割は果たせている。
どこまでいっても家族の愛が尊かった。泣くね。
とても強くて温かくて、この画だけで観てよかったと思った。

シンデレラマン「シンデレラマン」は今更、て感じか。我ながら観るのおせーよ、てなもんで。
家にはずっと前からあったのにあえて避けてた。
だってラッセル・クロウが苦手なんだもの。
(※)苦手二代巨頭:ラッセル・クロウ&ショーン・ペン
でもついこの間「インサイダー」も観たことだし、そういえば映画館で予告を観て感動してしまったのを思い出した。
ヒューマンドラマ中毒だし、レニーも出てるしで(重要)観ることに。
予備知識なしで観たからドキドキした。スポーツものは大抵面白い。
(最近観たいのは「マーダーボール」。障害者になってもあほはあほ!てとこが気に入った。)一番感動したのはね、ラッセルくんが急遽一戦だけ戦うところね。
前よりも強くなっている彼を見て、ポール・ジアマッティ(この人好き)が「どこで眠ってたんだよ」って言うのよ。
そのセリフにノックアウト。やばーい。ハメられました。
まぁ、そんな感じで最後まで楽しく拝見したわけだが、短期間にもう1度は観ても2度3度とは観ないな。
1度目が一番面白いタイプの映画じゃないかと思う。
そしてこのラッセルはわりと嫌じゃなかった。痩せてたしな。


【参考サイト】
「シンデレラマン」公式サイト
スポンサーサイト







管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。