M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



制作+α
制作
今のところこんな感じ。
わたしにしちゃ新しいことをいろいろしてると思う。実験的に。
がんじがらめになるほど、持っているものはないくせに勝手に不自由だった。
意味ないじゃん。
自分がまず面白いと感じなければ、意味があまりない気がするので、
最大限「楽しい・面白い」と感じられるよう作品作りをしようとしてます。
吐くのとか削るのとかは痛いししんどいけど、それを楽しいわ!おもろいわ!と思いながら自由にやりたい。
とてもパワーのいることで、そしてそのパワーをなかなか維持できないダメなわたしですが。

一日一絵は滞り気味だけど、わたしを押し上げてくれたから役割は十分に果たしてくれた。
あれは自分をもっていくのに必要だった。
で、今後も必要だと思うから、ちょこちょこやっていく。

自分は恵まれている。幸せであると自覚。
それなのに生きづらいと感じるのはとてもわがままなこと。

あ、なんかまじめな(+暗めな)話になった。やめよ(笑)。
そうそう、引越しの際に数冊のスケッチブックを見つけたのよ。
一年何組とか下手くそな字で書いてあるのよ。
お、中学の頃のだ、ととりあえず開けてみたが、いやー、なんかすごかった。
とにかくぐちゃぐちゃ。
でも勢いがすごいの。雑で、衝動だけで成り立ってた。
一番密度が濃いのは、夏休み毎日絵を描くっていう自由課題をしたときのやつだろな。
でも手元にない。見たいなぁ。
学校に置いたままにしたからきっともう無くなっちゃってるだろうね。
(当時の課題作品もスケッチブックも置いてきたやつはどれもきっと。)

あと、先日から言っていた「夢へのレクイエム (1982年)」やっと読み終えたよ。
暗い暗い暗い・・・。でもよかった。
なんか極上の喪失感を味わわせてくれた。
「ブルックリン最終出口」(映画)も好きだから、原作読もうかな~と思ったりもしてるけど
もっとしんどそうだ。そもそも小説の形態してるんやろか。
あと「裸のランチ」よ。手に取るの勇気いります(笑)。
とりあえずビートニク関連として「路上」あたりを先に攻めようかな~とか考えてますが、
いかがでしょう?
スポンサーサイト

ART | 2007/10/20 | コメント(3)




はじめまして
もの凄い原色を中心とした感性で好きです。
頑張ってくださいね!
Beauty Color | URL | 2007/10/24 11:55 [編集]


いいですね、絵。もし、めっさデカイ絵だったら、
画面で見るより映えるんだろうなぁ…と思いました。
子供のころの絵、衝撃ですよね!僕は昔も今と変わらず、
礼儀正しい絵を書いていました(構図とかが可もなく不可も
なくみたいな)でも、3歳児にしてはめちゃくちゃ上手に
描いてましたよ(笑)悟空とかね。
taba-yang | URL | 2007/10/25 16:08 [編集]


>>Beauty Colorさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
色にはとても思い入れがあるので、
その辺は大切にしたいと思っています。
がんばります!ありがとうございます。

>>taba-yangさん
今と変わらず、てすごいですね。
あ、確かに小さい頃はわたしもマンガとか描いてた気がします。(下手だったけど。)
当時小学校でノートにマンガを連載するってのが流行っていて(笑)。
中学生になってからは何故か全面真っ黒だとか、真っ青だとか
なんでそうなったん?!みたいなのばかり描いてました(笑)。
絵として成り立ってませんよね?みたいな感じで。
でも課題ポスターとかは真面目にやるタイプでした。
Mai | URL | 2007/10/25 23:18 [編集]




管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。