M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「恋の門」
恋の門 スペシャル・エディション (初回限定版)
恋の門 スペシャル・エディション (初回限定版)
前観て、また観た。
最近めっきり邦画です。
絶対手を出したら凹むとわかっていたのに
ジョゼと虎と魚たち」なんかも借りてしまった。
こっちはまだ観てないんだけど。

で、「恋の門」ね。
(ちなみに原作は読んでません。)
一応簡単に説明すると、
石で漫画を描く自称漫画芸術家とコスプレオタクの同人屋OLの恋愛映画。
これがね~、良い。
ドロドロをポップに変換。
小島聖の役とか象徴的。

ドリューの「2番目のキス」的なにおいもしたね。
好きな人の好きなもんをどこまで愛せるか。
どこまで歩み寄れるか。
もう打算とかなんもなしでほんまにただ好きやったら
そのために努力することは惜しくないのかもな。
あ~、やっぱ「なんかよくわからんけどとにかく好き」って感情が一番正しいのかもなぁ。
条件とか悪くてもそんなん関係ないんかもね。
忌野清志郎が歌う「恋は壊れたもん勝ち」みたいな歌詞にも賛成だわ。
そうだよな。
サンボの曲もとてもマッチしてたよ。

まぁ、自分も絵を描く人なんで、なんかこの映画にはシンパシーを感じるんかもなぁ。

しかし濃かった。
メンツも演出も。
お腹いっぱいになったわ。
松尾スズキ氏も初監督作だから力入ってるんかな~て思った。
全部詰め込むぜ!出すぜ!的な。
とりあえず原作も本人の「クワイエットルームにようこそ」に期待してます。
どこまでそぎ落としてくるか。

【参考サイト】
「恋の門」公式
スポンサーサイト







管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。