M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「ハサミを持って突っ走る」
相変わらず観てすぐの感想なので感情的ですよ。批評性はない。
ハサミを持って突っ走る
ハサミを持って突っ走る
気になっていたので観た。
キャスト豪華だし、一癖も二癖もある人間が沢山出てるので好きな気がして。

うん。当たりだったと思う。
面白い。わたし好き。
軽快な語り口と明るい映像もいい。

人間当たり前のことだが、いろんな面があるもんだな、と。
みんなダメだったり、変だったり(イカレてたり)するわけですが、
すごくいいところもあるわけです。
多面的な生き物やからね。
それをしみじみと感じさせられた映画。

なんか最後もよくてさ、青春ってただの通過点に過ぎんわけやね。
現状から脱皮することは可能なんだと。

印象的だったのは、オーガステン(ジョセフ・クロス)とナタリー(エヴァン・レイチェル・ウッド)が天窓を開けるシーンです。
音楽の効果もあってか何故かここで泣けたわたし(笑)。

俳優陣もやっぱりいいわけですよ。
クレージーな人々をただのクレージーではなく、
あったかく奥行きがある人間らしい人物にしてくれたのは俳優さんたちの力量やろね。

実話くせーなーと思っていたら、やっぱり主人公の自伝的小説の映画化だそうでなるほどと思いました。
ここまで突拍子もないストーリーなのに妙にリアリティーがあったからね。
原作を絶対読まねば。

【参考サイト】
「ハサミを持って突っ走る」公式サイト
原作小説「ハサミを持って突っ走る」 - Amazon.co.jp

つーか最近映画(洋画ね)も微妙よね。
SFとアクションはもう枯れてる気がする。
出尽くしてるから。もう宇宙しかねーのか。
と、なるとやはりコメディーとドラマ(ミニシアター系?)てやつがまだ開拓できる余地があるんかなーと思う。
あ、でもAVP2は観に行くよ!「エイリアン」好きやもん(*´д`)
タイトルが「エイリアンズ」って複数形になってるからな。
エイリアン目立ってくれよ!
映画としては、ゲーム的でチャチに違いないがそんなこたぁどーでもいい。



ちょい映画とは関係ないけど(あるっちゃあるんだけど)
やっぱドロドロをポップに変換することがやりたい。
わたしはそんな映画が好き。
最悪の(or暗い)話を最高にポップにユーモアを混ぜている映画が好き。
暗い歌詞をポップな曲に乗っけてる歌が好き。
そういう絵が描きたい。
スポンサーサイト







管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。