M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本の感想 チャック・パラニューク
手術が終えて、とりあえず首がつっぱる今日この頃です。
あと最近ずっと映画のこと描いてないけど相変わらず映画は観てますー。
結構小説なんかも読んでるよ。中2病まるだしなチョイスだけど。
ちょこちょこ読んだ本の感想を書いてみようと思います(・∀・)
今回はパラニューク。

インヴィジブル・モンスターズ (ハヤカワ・ノヴェルズ)
インヴィジブル・モンスターズ (ハヤカワ・ノヴェルズ)「ファイト・クラブ」の原作から入ったパラニュークですが、わたしはこれが好きかも。
英語はわかんないけど訳に違和感がないし、とにかくこの人の文章の書き方が最高にかっこいい。
言葉のチョイスというか、ちりばめ方がもうゾクゾクするって感じかな。もう完璧。この壊れ方にうっとりします。
この作品が一番インパクトがでかいんじゃないかと思う。
わたしは女より男が主人公の話の話のほうがわりと好きですが、これは別。
鳥がわたしの骨を食べた・・・
事故で顎を失い自らをモンスターだと語る女の話。

サバイバー
サバイバーこの本も好き。
集団自殺したカルト教団の生き残りとしてひっそりと暮らす男の半生。
で、終わるかと思ったら途中からまぁ話はどこまでもわけのわからん方向に転がり、
彼自身がメディアに出て偽教祖様になったりと、もうとにかくめちゃくちゃです。引き込まれます。
ぼちぼち厚い本だけど整理されていてとても読みやすいよ。
文庫も出ました。文庫の装丁もかっこいい。欲しいなぁ。

ファイト・クラブ
ファイト・クラブはい。原作も映画もカルト的人気を誇る「ファイト・クラブ」です。
映画「ファイト・クラブ」にはそこまでハマれなかったんですが、設定が好きなので小説を読んでみました。
おもしろかった。
映画も見直したけどやっぱり小説の方が密度濃いわなぁ。
これを2時間ちょいで収めろっつーのは無理な話だと思った。
パラニュークは情報をつめるからねぇ(ディティールが細かい)。
ラストが原作の方が好き。でも映画のほうがロマンティックかな。

パラニューク作品はあと「ララバイ」と「チョーク!」がありますが
「チョーク!」はまだ読んでません。
かなり気になってるので早く読まないと。
「ララバイ」は好みじゃなかったですね。

チャック・パラニューク - Wikipedia
スポンサーサイト





>>ファイト・クラブ
映画版の、全部ブチ壊せ!というあの展開に『太陽を盗んだ男』に通じる快感を感じてのけぞった身としては、映画と違う解釈が…といわれるとつい気が引けてしまうのですが、いつかチャレンジしてみますね。
ベガ | URL | 2008/04/06 18:53 [編集]


お久しぶりです。
解釈が~とまではいかないと思うんですが
ラストがちょっと違うようにわたしは感じました。
アナーキスト集団のテロ行為などが映画よりも細かく描写していておもしろいですよ。
パラニュークの中では読みやすいので機会があれば是非。
Mai | URL | 2008/04/06 20:15 [編集]




管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。