M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本の感想 映画原作本
アンダー・ザ・スキン
アンダー・ザ・スキン映画のほうはタイトルしか知らないんですが、こんな話やと思わなかった。
映画も観てみたくなりました。
どうやってこれを映像にするんだろう。
動物と人間が反対だったら?そんなコピーがついてたような。
謎。とにかくなにがなんだかよくわからない怪しい変な小説です。
でも妙な勢いと魅力がある作品です。
いまいち霧が晴れないので、誰か説明してくれ。

ビーチ
ビーチこの装丁はいかん・・・
わたしは読んだのはレオがいないやつで、結構かっこいい装丁でした。
映画と比べたらダメです。
映画は本当に別物。あんなカスカスじゃないよ。
ワクワクして一気に読めました。おすすめ。
はっきりいって主人公リチャードはレオナルド・ディカプリオじゃないわ。
(映画版はアメリカ人の設定じゃなかった?)
あと決定的に違うのは小説にはロマンス的要素がない。
それがとてもよかった。
リチャードはエチエンヌからフランソワーズを奪ったりしない。
サルとも寝ない。

ダフィとの会話がちょこちょこ出てくるんだけど、それが好き。

スリーパーズ―恐怖の少年院と復讐の記録
スリーパーズ―恐怖の少年院と復讐の記録この映画も随分前に観たきりだけどなんとなく読んでみた。
なんか副題がいらん気がするけど、まぁいいか。
読みやすいけど、可もなく不可もなくって感じかなぁ。
ヘルズ・キッチンのことが色々とわかってそういうのを知るのがおもしろかった。
どこまで脚色してるかはわからんが。
スポンサーサイト







管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。