M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本と映画 「モーツァルトとクジラ」
モーツァルトとクジラ
モーツァルトとクジラジェリーとメアリーは、それぞれ数学と芸術の天才的な才能をも
ちながら、アスペルガー症候群のため周囲になじめず、職を転々とする日々を送っていた。
このまま自分の居場所を見つけられずに、人生が終わってしまうのかとあきらめていたころ、ふたりは偶然出会う。

人を愛することによって、ありのままの自分を解き放つ道のりを描いた鮮烈なノンフィクション。


映画のほうを先にみて原作を読みました。
とりあえず原作の感想から。
おもしろい!
スラスラと入り込んでくるような文章。心地いい。
流れ者のようなメアリーを見ていて、人はどうとでもなれるんだと思った。
こう考えればいいんだな、て勉強になるとこもあったりしてね。
謙虚に、そして真剣に生きてたらなんとかなるんだな、多分。
それが大事なんだな、多分。
アスペルガー同士の恋愛、結婚がテーマでもあるようですが、
あんまりそのへんは気にしないでわたしは読んだかな。
ちょっと不器用だけどどびきり個性的で魅力的な人たちの話、て感じで。
かーなりラブストーリーなんですが、押し付けがましくもなくほっこりした気分になれました。

モーツァルトとクジラ
モーツァルトとクジラ映画のほうはというと、まぁ並、て感じで。
ジョシュの演技には「おぉ」と思ったけど、なんせやっぱ密度がねー。
サラっとしすぎてる。
大体年齢も違うからな~。
印象に残ったシーンがほとんどない・・・もう大半忘れてしまったよ。
スポンサーサイト







管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。