M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



映画感想文「ダークマン」
ダークマン (初回限定生産)の表紙
posted with ALM
出演:リーアム・ニーソン、フランシス・マクドーマンド
監督:サム・ライミ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/07/28)
ここ何日かきちんと太陽が昇っている時間に起きていたのに、とうとう今日は寝坊した。
ものすごい夜に起きてしまったよ・・・・・・。肌に悪い。体調にも悪い。
あ、でもいいこともあったのよ。また痩せてたヾ(゚∀゚)ノ

さて近状報告はこの辺にしてそろそろ「ダークマン」の話にうつります。

人工皮膚の研究者・主人公ベイトン(リーアム・ニーソン)は、恋人ジュリーが手掛けている賄賂事件に巻き込まれ、研究室ごと吹き飛ばされてしまう。
辛うじて一命を取りとめたが、全身にひどい火傷を負ったベイトン。
神経を切られたため痛みを感じることも出来ず、怒りによって超人的な力を発揮する別人になってしまったのだ。
報復を誓ったベイトンは自らが開発した人工皮膚をまとい復讐鬼、ダークマンとして蘇る。

お話はこんな感じか?うまく言えてないけど。

率直な感想。これね、面白かった。
やりすぎ感がすばらしい。サム・ライミが楽しそうにつくっているのが目に浮かびます。
そしてリーアム・ニーソンはめっちゃ若い。
スパイダーマンの練習という感じは否めないし、これが土台になったのは確かだと思うけれど、そんなことはどうでもいいです。どうでもいいと思わせてくれます。
(どっちが悪いとかじゃなくて、双方を比較して観るのは中々面白いよ。)
B級感がすごいけど悪くないと思う。荒い感じが逆に良いです。

どうもヒーローものには弱い。応援してしまう素直なあたしです(ノ∀`)タハー

でもさ、やっぱサム・ライミは女が苦手ね。女の魅力なんて全く出てないぞ。
スパイダーマンなんてメリー・ジェーン(キルステン・ダンスト)が最低な女に見えます。
ダークマンでも最後はやっぱり、"ダークマンだもん、付き合えない"つーのでしめるし、そこが滑稽なような悲しいような・・・絶妙です。

星4段評価(今まで5段だったけど馴染みがあるプレミア方式の4段に変更)で、3半はあげたいと思いました。


スパイダーマン3
スポンサーサイト





履歴からきましたー訪問ありがとー
私、多分これ見た気がする・・・?
分かりやすいあらすじとタイトルに覚えがあるような~~~?
4段階で3半とはかなり当たりでしたね。
由岐乃嬢 | URL | 2006/08/30 22:46 [編集]


ようこそいらっしゃいました。コメントまでありがとうとざいます!
意外と観たことがある方多いかもしれません。うちの母曰く何度かテレビでもやっていたとか。
本当にわかりやすいあらすじですよね。タイトルまでもがベタで笑けてきます(笑)。グッドです。
皆が皆評価する作品ではないかもしれませんが、わたし的には非常に当たりでした。
あまり暗い気分にならず観れる映画は気持ちいいですね( ´ー`)
(かといって暗い映画が嫌いなわけではありませんが。)

最後になりましたが、気が向いたらまた遊びに来てくださいね。

Mai | URL | 2006/09/01 01:11 [編集]




管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。