M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



難しいことはなにもない
2011.05.11一部
あまり絵がほしいと思ったことはありませんでした。
見るのは好きだけれど、手元におきたいと思ったことはあまりありませんでした。
器がほしいと思ったことはありました。

だけど、もう何年も前だけど「うお、ほしい!買うか!」と思ったことがありました。
そういう感情にとても驚きました。
わたしは彼此その人のファンです。
絵も当然ですが、言葉も、(直接にしらないので本当のところはわかりませんが)生き方も好きです。
別に話したいとか仲良くなりたいとかそういうのはないので、なんのメッセージも送りませんが、もはやストーカーのようにずっとブログはみていて、生を見る機会があったら少し怖い気持ちも抱えながら見にいきます。
そして心臓をぎゅぎゅっとつかまれます。
前に、地元の図書館に書籍のリクエストを出して、その小さな本を置いてもらったのを思い出しました。
リクエストが通ったことが嬉しいと思いました。
最初はまっさらな状態でしたが(当然)、久しぶりにみたらかなりそこそこくたびれていて更に嬉しいと思いました。

今ではその人の絵はもう気軽に買える値段ではなくなっています。(少なくともわたしにとってはね。)

久しぶりにサイトに訪れてみました。
ブラウザを通しているにも関わらず、相変わらず心臓がぎゅぎゅっとしました。
ぎゅぎゅってすごいなーと思いました。
似たような画風の絵(可愛くてちょっと棘があって、カラフルで・・・みたいな)は今山ほどあるように思うんですが、彼女の絵は全然塗れてなくて、もう別次元で、なんだかわかんないけど、とにかくぎゅって掴まれます。
ぎゅって。

拡大表示でます
基本的に絵の世界はよくわかりません。作家とかアーティストとかそういうのも全然わかりません。
時間はタダではないし、もちろん材料もタダではありません。
作品に値段をつけるのは当然だけれど、それは人間に値段をつけるのと同じで、いまいちはかりきれない部分がある。
だけど、それいっちゃうとなんだってそうなんだよね。
身売りして、等価なのかわからんお金をいただいて、そしてごはんを食べて・生きるための道具を揃え、そして眠る。
それを繰り返す。おわりは見えない。延命する。

なにが大切なの?なにがしたいの?
「家族と健康。」「心身ともに健康に、幸せな家庭を築くことがわたしの夢です。」
おしまい。
北中すきっす
スポンサーサイト

ART | 2011/05/27 | コメント(0)






管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。