M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



I'm natural born bitch! by Santana
ドラマのおはなし

ブレイキング・バッド Season1 DVD-BOX
・「ブレイキング・バッド」
大好きジェシー!
これを掘り当てたときは歓喜したよ。マジ(゚∀゚)キタコレ!!状態。おお。まじか、てなもんです。
字幕しかないしどうしようかな、と悩んでいたのがバカみたいに思えます。
日本ではシーズン2までしかみられないので、傑作!!といいきれるほどの判断材料はないですが、個人的には「シックス・フィート・アンダー」以来のヒットです。
このまま中だるみせずにいっていただけたらと願うばかりです、はい。
これね、うちの近所では1本しか置いてないしさ(たまたま行った別店舗は1本も置いてないしさ)、置いてあるとはいえなんかなんの主張もなく、持ち上げてもらうこともなく淡々と地味に置いてあるので、あぁヒットしてないやつなんやな・・・なんて思っていたら大間違いでした。ごめんなさい。
本国ではエミー賞とるほど爆発的に人気だったんですね。
しかもケーブルTVでの放送というのに納得。
自分の大好きな(でも途中でだれた・・・)「Nip/Tuck」もそうやしなぁ、うむ。納得しました。アルバカーキ!
繊細さと大胆さ。シリアスとジョーク。なんかとってもバランスがよいドラマだと思います。

・「glee」
glee/グリー DVDコレクターズBOX大好きブリトニー!
サンタナも好き!(今回のタイトルはサンタナの悪態づいた台詞より引用)
映画に1話分だけ特典で入っている、あの戦略にまんまとハマってしまいました。
こんだけヒットしてファンがたくさんいるドラマなんで感想はパスです。群像劇だし、もはや語りきれないです。
やっぱね、踊って歌ってるみんなは可愛いんです。PV並みな映像もすばらしいです。
回数を重ねるごとにいろんな面がでてきてまさしく「人には事情がある」「見えてるのは一面だけだったりする」(myポリシー)です。
人間多面体だよなーなんてのを思うドラマです。
(それにしてもアメリカの高校生は大変だなぁ・・・映画みててもそうですが、ヒエラルキーが明確すぎておそろしいです。)
シーズン3はいつからはじまるんだい。

・ひとまず「ロイヤルペインズ」
ロイヤル・ペインズ~救命医ハンク~ シーズン1 DVD-BOX好きだお弟!
よくも悪くも軽い。よってみ易いんです。えげつなさが少ないんです。
最近の医療ものだと「Dr.HOUSE」もシーズン1はみてたんだですが、なんだか途中でめんどくさくなってしまって、んでさきほども出しましたが「Nip/Tuck」は結構しんどいかんじなので(だが好きだ)、本作はその点サクサクとみれるのがいいんです。
登場人物ほとんど薄いような気がするんですが、弟はわりとちゃんと描かれているかんじがします。
シーズン2で主人公兄弟を捨てた父が登場するのでシリアスな部分も描かれるのかな、それをどう調理するのか楽しみです。

以上。この3本すべてリリース(放送)待ち状態。
よって、また海外ドラマを掘りに行かねば、というかんじなのですが、なにがいいんでしょうね。
「ユーリカ」はおもしろいのだろうかねぇ。



映画のおはなし

ゴーン・ベイビー・ゴーン [DVD]やっとこさ、ベン・アフレックの監督作2本とも観ましたよ。
ベン・アフレックの描きたいものがジャンルは違えどなんとなしわかった気がしました。タウン。人間模様。社会とモラル。
先に「ザ・タウン」を観たんですが、おいらは「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のが好き。
ケイシー・アフレックが好きだからだろうか ('∀`)'`,、'`,、
そしてやっぱりエド・ハリスはいくつになってもかっこいいわ。すごい迫力。
特典をみていて「ゴーン・ベイビー・ゴーン」は原作者が「ミスティック・リバー」と同じ人だということに大変納得しました。
正しいことが正しいとは限らない。ではあなたはどうする?どの道、どれを選択するの?
投げかけに対しての答えや感じ方はきっとみんなさまざまで、どれが正解とかはきっとありません。

以下適当箇条書き
・「ソウル・キッチン」-著しく惜しい!惜しい!ぬわー。
・「君に届け」-多部ちゃんが可愛すぎるから観た。わたしだってこんなのもみますよ。(原作はみてませんが。)
・「マイ・ブルーベリー・ナイツ」-今更鑑賞。ネットリしてなくて思いのほかよかったです。
ジュード・ロウ@ハゲが久しぶりにかっこよくみえた。
・「変態村」-前にも観ていたのを忘れてそのまま最後まで鑑賞。
いわれてみれば確かにノエっぽい。タイトルロールとかね。あの異様なダンスのシーンは気分悪いですがすばらしいと思います。
・「アイデン&ティティ」-現代のお伽話。何度観たら気が済むの?てくらい観てる。
・「ゾンビランド」-さすがウディ・ハレルソン@ハゲが出ているだけのことはある。
・「ランナウェイズ」-やっぱりなB級っぷり。ダコダちゃんも成長したなぁ、とそのために観たようなもんです。
・「告白」-後味は悪いけど話はサクサク動くからみやすかったですよ。
CGがすばらしいので映画館で観ればよかったかもしれない。そして木村佳乃がかんなり良い。
・「悪人」-映画館でみたときのがよかったということは映画館マジックにかかっていたんだろうなぁ。
・「乱暴と待機」-原作とちょいちょい違うんですね。でも好き。劇中の音がいいかんじです。
そして小池栄子がすきだ。
・「八日目の蝉」-大好き角田光代。そしてやっぱり小池栄子がすきだ。
ユリイカの角田光代特集の号を借りたのに読みきれず返したので、また読んでから観直したいなぁ。
・「ブラックスワン」-そういえば映画館で観た。わたしにはなんともわかりませんでした。アロノフスキーこんなんやっけ?
・「英国王のスピーチ」-これもそういえば映画館で観た。またDVDで観直したい(旧作になってからで)。
おいらはコリン・ファースがかなりすきなんです。
・「冷たい熱帯魚」-これも映画館で。わたし含めて2人しか観客いませんでした。園子温監督は好きなんですが、脳みそがなんだかぐるんぐるんしてしまった。なにが正しいのやらわからんなーうーむ、なんて帰り道考えてしまった。DVDで観るのはまだいいです。

あとなに観たやろねぇ。
あー、それにしてもうちのプリンタは寿命かもしれない。さっきから排紙がうまいこといかないんす・・・。
スポンサーサイト







管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。