M's

映画をこよなく愛する、絵を描く人 くつなまい の適当ブログ



Category


Archives

 


Comments


Profile

くつなまい mai kutsuna

くつなまい mai kutsuna
絵を描く人
毎日映画を観るただの映画好き
コメント、リンク歓迎

くつなまいサイト mixi


Bookmarks

このブログをリンクに追加する
ブログランキング・にほんブログ村へ


Misc




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



言い訳と映画感想文「リバース・エッジ」
現在あまりに衝撃的なほど金欠なんです。

本当はすぐにでもミニポスターの製作に取り掛かりたいんですが、どうにも余裕がなくて・・・・・・。
グリコさん申し訳ないです( ´Д⊂ヽ
あと手元に転写シートがあるのでTシャツとかキャミとかを作ろうと目論んでいるんですが、それもまだ準備が整いません。
フェルトでストラップの試作も作ろうと思ってるんだけど、それも手付かずです・・・。
いっぱい思いつくことはあるんだけど、でっかい絵(100号のやつ)の制作と平行させてやらないといけないからどうにも手が回らなくていけません(´Д`)
勿論金欠なのも大きな理由ですが。
オール言い訳なんだけど、まぁ許してください。



リバース・エッジの表紙
posted with ALM
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2006/07/14)

さて本題ね。
「リバース・エッジ」、岡崎京子の同タイトル漫画よりこの映画の存在を知って早数年。
随分経ちましたが、やっと観ることにしました。

◆ ストーリー
仲間の一人(サムソン:デイヴィッド・ローバック)が一人の少女を殺してしまうことから始まる物語。
サムソンを盲目的に助けようと奮闘するレイン(クリスピン・グローヴァー)は、デニス・ホッパー扮するフェックの家にサムソンをかくまってもらうことに。
片足が不自由でダッチワイフとともに生きるフェックとサムソン、レインの間にしだいに奇妙な連帯感が生まれてくる。
そんな中、マット(キアヌ・リーヴズ)が警察に通報したことから、事件は明らかになり、仲間達の関係は更に微妙なものとなっていく。

アメリカの片田舎で繰り広げられるどこか感情を欠落した孤独な少年達の日常。
ちなみに、実際に起こった事件を元に作られた映画です。

◆ 感想とか
デニス・ホッパー扮するフェックのエピソードが傑作。
元バイク乗りで、家には大量のマリファナ。「イージー・ライダー」を思い出させる。
こういう"遊び"を入れる監督(脚本かな?)をなんだか微笑ましく感じた。
あとサムソンにダッチワイフと踊っているところを見られ「イカレてるのか?」と尋ねられたときの彼の答えがいい。
「人形なのはわかってる。」これ最高。表情もいい。
このときに限らずデニス・ホッパーの表情に目が離せなくなった映画だった。

キアヌは全くわたしのタイプではないんだけど、このときのキアヌはかっこよかった(*´д`*)
予想外。
それによくよく考えれば、42歳にしては髪も体系も勿論顔も維持しているからすごいんだろうな、と見直した。
ニコラス・ケイジと同い年には見えないもんな。

ストーリーに関しては、比較的よく出来ているという印象。
一応これ考えさせられる映画なのかな?その辺はよくわからないけれど・・・・・・。
なんにせよ、若者達にかなりイライラするのは確かだと思う。歯がゆいとはまた違って、イライラ。
サムソンもだが、レインの行動の意味が特にわからなくてまいった。
いい子ちゃんなキアヌを応援してしまうのも陳腐だけど、どうにもそれしかなかった。
最後のホッパーの行動にやっとホっとした。

結論として、ホッパーがかっこいいに尽きる。
星は4段階中2,5です。
最近はちょっと厳しめです。じゃないと大体の映画が星3つになっちゃうからね。

◆ 補足として漫画との比較
岡崎の漫画「リバーズ・エッジ」はこの映画が元ネタになっていることはほぼ間違いないとは思いますが、二つは別物ですね。
パクってるってほどでもないから、叩かれるほどでもないかと。
映画を自分なりに解釈して漫画でカバーした、という感じかな?
余談だけど、わたしは岡崎漫画の中でも「リバーズ・エッジ」はあんまり好きな方ではなかったりする。
可もなく不可もなくです(´ー`)y-~~
あ、でも、キツイ系が全部ダメってわけじゃないよ。「ヘルタースケルター」なんかは大好きよ。
スポンサーサイト





ほぅほぅ、リバース・エッジ観てみたい~

そう!キアヌはあの年齢であのルックスってところがイカす!同じこと思ってたのね(笑)ニコラス刑事はオッサン顔だもんね~(笑)
Yuu | URL | 2006/10/03 20:14 [編集]


(=゚ω゚)ノ やぁ、Yuuちゃん。書き込みありがとう。
「リバーズ・エッジ」はなかなか悪くない映画なので、精神に余裕があるときに観てみると良いと思います。

お、キアヌに関しては全く同意見ですね。なんだかうれしいですヾ(´∀`)ノキャッキャ
彼「マトリックス」のときなんてめっちゃ細いし、根性がすごい。
あ、そういえば関係ないですが、数年前のプレミアで「ジョニー・デップとは仲良くないんだ」とひたすら発言してました(笑)。
なんか可愛いな、キアヌ(笑)。

そうそう、Yuuちゃんの「イルマーレ」の感想観たよ~。
べったべたのラブストーリーだと思って遠慮してたけど、Yuuちゃんの「ほのぼの」つー一言で一気に観てみたくなった!
Mai | URL | 2006/10/05 12:23 [編集]




管理者にだけ表示を許可する

+ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。